家の模型と設計図

ネットを活用する

物件の売却をお考えの際に大切なのが、不動産を探すということです。現在、ネットを活用することで不動産のホームページを観覧することができるため、事前に情報を得て他の不動産と比較することができます。

この記事の続きを読む

畳の部屋とダイニングキッチン

印紙について

不動産に関する税金の中でも特に注目しておく必要があるのは、印紙税です。これはどのような場合にかかるのかというと不動産売却するときにかかるので、覚えておきましょう。

この記事の続きを読む

白い外壁の家

ペットと暮らす

ペットと暮らせる賃貸物件は現在多くなりつつあります。ペットと暮らす人は年々増加しており、物件によって一定の条件を満たした場合ペットと暮らすことができます。ペット不可でも、小さな動物の場合可能になる場合もあります。

この記事の続きを読む

多くの高値物件
家が立ち並ぶ住宅街

新築のような家

リーズナブルな価格でオシャレな賃貸物件に住むことができるのは、リノベーション物件ならではの魅力です。建物自体をそのままに配管などの機能を新しくすることで、新築のような住宅に住むことができます。

この記事の続きを読む

マンションと空

人気のある物件

分譲賃貸は一般的な賃貸物件と比較しても暮らしやすいとして人気があります。一般的な賃貸物件と比べると高くなりますが、それでも分譲賃貸の人気が衰えることがなく、今でも変わらず人気があります。

この記事の続きを読む

メリット

マンションと木

売買実績の高さが人気の秘密ですよ。熊本市で不動産売却をする際には、多くの人がこちらの会社に相談していますよ。

耐震住宅に住むメリットは、大規模な地震が発生したときに、住宅内の設備の損傷や損壊を防止することができます。地震の際の二次災害につながる危険性の高いガス漏れや水漏れ、漏電を防止することにもつながるため、安心して居住することができます。また、大規模な地震では、家具が転倒することで死傷者が出る確率が高いため、耐震住宅に居住することで、家具が倒壊するリスクを軽減することができるため、大切な家族の命を守ることにもつながります。東海地震や南海地震、首都圏直下地震はかなり高い確率で発生すると予想されており、将来発生する大規模な地震に備えて、耐震住宅に居住しておくことは、購入した住宅の資産価値を維持することにもつながります。

耐震住宅は、地震により建物が倒壊することは、まずありませんが地震の揺れ自体を防ぐことができないため、住宅の中にある家具が倒れることによる住人の怪我や、場合によっては死亡するリスクがあります。しかし、建物の構造がしっかりしているため、台風などの強風が吹いてもほとんど揺れません。また、耐震住宅を建設する際においての軟弱地盤の制限はほとんどありません。現在の建築基準法に基づいて、建設されている住宅においては、ほぼ全ての住宅が耐震住宅であるため、建設する際に余計な追加費用はかからないため、安心です。また、地下室などを設ける際にも、制約がないため、地下室の設置が困難な免震住宅に比べて、部屋の選択肢が広がります。