印紙について

畳の部屋とダイニングキッチン

不動産売却をするとなると、いろんな税金が掛かってきます。誰が不動産売却をするかによって、課税される税金の種類は変わってきますが、個人であれば所得税、住民税等がかかります。他には、厄介な税金として印紙税という税金もあります。 印紙税とは、契約書等を交わした場合に課税される税金です。課税額はどんな取引をしたのか、そしてその契約金額によって変わってきます。不動産売却の場合で例を挙げてみると、売却金額が1千万円から5千万円については1万円、5千万円から1億円については3万円となります。 売却金額に比べれば微々たるものではあります。しかし、その金額が大きいのは確かです。不動産売却をする際は、印紙税のことも忘れないようにしましょう。

不動産売却は、まずは一般の市場へ売り出す方法が主流です。市場でのリアクションが得られない場合、依頼していたその不動産業者に買取をしてもらう事が出来たり、または市場には一度も出さずに直接、不動産業者に買取をしてもらい不動産売却の契約まで繋げることが可能です。 不動産売却価格としては、業者に買取をしてもらう方が安くなる傾向があります。なぜならば、買い取った業者はその後リフォーム等をして、再販売をして利益を得るからです。買取価格・リフォーム代を考えると、一般の市場と同じような価格帯での買取をしてしまうと、元が取れない(損をする)可能性が高いためです。 これらを行う不動産業者としては、仲介業者のほか、仲介は一切行わない買取専門の業者があります。 不動産売却を行う際は、いつまでに・いくらで売りたいのかをある程度決めておくと依頼をした業者との交渉がしやすいです。