ペットと暮らす

白い外壁の家

現在では犬や猫などを飼っている人が多く、そのほとんどが室内で飼われています。そのため、賃貸物件でもペットを飼うことが可能な物件が多くなってきています。 ペット可能な賃貸物件には、最初からペットと一緒に暮らすことを目的に作られた物件と、普通に作られた物件にあとからペット可能な条件を付けたしたものがあります。 ペットと一緒に暮らすことを目的として作られた物件の場合は、ペット用に特別な設備が設けられていることも多いため、通常の物件よりも高めの金額に家賃が設定されている場合も多いですが、通常の物件の場合は特に家賃に変わりがないところが多くなっています。 ただし、犬や猫を飼っていると床や壁が傷むことが多いので、退去時に原状回復費用が通常より高くなることはあります。

賃貸物件の場合、築年数が経過すると空室率が高くなる傾向にあります。特に最近では、賃貸アパートやマンションが次々に建設されているため、過剰供給の状態となっており空室が目立つ物件も多くあります。そのため物件オーナーは家賃を下げたり、ペット可能などとして空室を避ける傾向にあります。 従来の日本では、犬は番犬として外で飼うのが一般的でしたし、猫はネズミ捕りを目的として飼われていたものですが、現在では家族同様に室内で育てるのが一般的となっています。その背景には住宅事情や騒音問題なども要因としてあげられますが、ペットショップなどで海外などの様々な品種の犬や猫が購入できるようになったことも飼う人が増えた理由になっています。